コーヒー豆の保存方法|自宅でも鮮度を保つためには?

趣味としてコーヒーを楽しんでいると、いろいろな種類のコーヒー豆が欲しくなります。

いくつかのコーヒー豆を同時に買った際に注意したい保存方法。

正しい保存方法を知らないと、コーヒー豆の風味が落ちてしまいます。

この記事を読んで、誰でも簡単にできる自宅でのコーヒー豆の保管方法を身につけてください。

目次

コーヒーを美味しく飲むために

コーヒー豆(粉)を正しく保存する

コーヒーの味は淹れ方はもちろんですが、コーヒー豆の保存方法がとても重要。

間違った保存方法だとコーヒー豆の鮮度が落ち、香り・味を損ないます。

せっかく買ったコーヒー豆を適切な保存方法で美味しく頂きましょう!

コーヒー豆(粉)劣化の原因

コーヒー豆の劣化原因

コーヒー豆が劣化(鮮度を落とす)原因は主に4つあります。

  • 紫外線
  • 酸素
  • 温度(高温)
  • 湿度(水分)

紫外線を除いて、なんとなく想像はついていたでしょうか?

酸素と温度は酸化反応を進めてしまい、湿度は香りが飛んだりカビの原因となります。

私を含めて一般人に味の変化が分かるかはさておき、紫外線はコーヒー豆の成分組織を壊す働きがあります。

劣化を防ぐためには?

コーヒー豆の劣化を防ぐためには「密閉容器」に入れて「冷暗所」で保管する必要があります。

その他にも保存する期間によって、おすすめの保存方法があるのでご紹介します。

・・・とその前に、いくら保存方法がよくても、ある程度の使用目安はあるので、コーヒー豆とコーヒー粉の保存可能な期間を知っておきましょう。

コーヒー豆とコーヒー粉の保存期間

コーヒー豆

特徴として焙煎前の生豆はかなり長い期間の保管が可能という点。

焙煎したコーヒー豆は気泡が多く、水分を吸収し劣化が早まります。

なお、使用目安は購入時点からではなく、生豆であれば収穫後・焙煎豆であれば焙煎後からの目安となります。

実際のところ、お店での保管期間を把握するのは難しいため、いずれにしても早めに消費しましょう。

状態使用目安
生豆数年
焙煎豆1カ月~3カ月
※あくまで目安のため、上記期間に限らず早めにお召し上がり頂く方が望ましいです。

コーヒー粉

コーヒー豆を挽いた状態で買う方が多いも思いますが、コーヒー粉は使用目安が短いのが特徴です。

コーヒー豆を挽く手間は省けますが、飲みきれる量を買うことを心がけましょう。

飲む量が少ない方は豆を購入し、飲む前にコーヒーミルで豆を挽く方がおすすめ

状態使用目安
状態にかかわらず1週間~3週間
※あくまで目安のため、上記期間に限らず早めにお召し上がり頂く方が望ましいです。

コーヒー豆(粉)の保存場所

冷暗所で保存

前述した劣化の原因からもお分かりの通り、コーヒー豆の保管は冷暗所が最適です。

劣化の主要因4つからコーヒー豆を守ることができ、長持ちします。

ちなみに代表的な冷暗所とは日の当たらない棚の中や、床下収納などが良いでしょう。

もちろん湿気には注意して、不安な場合は乾燥材などを同封してください。

冷凍庫で保存

コーヒー豆の保存方法として有名な冷凍庫での保存。

焙煎後の豆は水分が少ないので、カチコチに凍ることはありません。

冷凍庫は紫外線が当たらず、低温のため酸化現象が起きづらいので使われることが多いです。

ただし、取り出すときは急な温度差で結露し、コーヒー豆に水分が付くことがあるので注意。

使う量だけを冷凍庫から取りだし、コーヒー豆を常温に戻すのが良いでしょう。

冷蔵庫で保存

冷蔵庫での保存は基本的におすすめしません。

一般的な冷蔵庫の湿度は約60%と高めに設定されており、保存には不向きです。

また、冷凍庫と比べると温度が高いため、コーヒーの香りも充満しやすくなります。

低湿度の冷蔵庫もあるので、ご自宅でお使いの冷蔵庫を確認しましょう。

コーヒー豆(粉)保存におすすめの容器

密閉袋

コーヒー豆の保存に密閉袋を使う場合のメリット・デメリットは以下になります。

キャプション
  • 1枚当たりは安価
  • 容量に合わせて空気を抜ける
  • 狭いスペースを有効活用できる
キャプション
  • 見た目がいまいち
  • 破れたり長期的には使いづらい

密閉容器

コーヒー豆の保存に密閉容器を使う場合のメリット・デメリットは以下になります。

キャプション
  • 密閉力が高い製品が多い
  • 開口が広く、すくいやすい
  • おしゃれな製品が多い
キャプション
  • 容量が減ると空気が残る
  • 密閉袋に比べると初期コストは高い

どちらが良いということはありませんが、安価すぎて密閉性が悪いものは避けるべきでしょう。

決めかねる方には、長く使えて見た目も良い密閉容器が個人的にはおすすめ。

コーヒー豆(粉)の正しい保存方法

保存目安:数日~1週間

短期間であれば、密閉袋・容器に入れて常温保管がおすすめ。

直射日光の当たらない場所に保管するように注意。

コーヒー豆を消費前に挽く方が望ましいですが、粉の状態でも問題ないでしょう。

保存目安:1週間~1カ月

中期間であれば、なるべく空気を抜いて密閉袋に入れ、冷暗所で保管がおすすめ。

湿度が高い場合には乾燥材なども一緒に同封するのもGood。

冷凍庫を選ばなかったのは取り出す回数が頻繁になるのではと想定したためです。

また、できるだけコーヒー豆の状態で保管した方が良いでしょう。

保存目安:1カ月~

長期間であれば密閉容器・袋に入れて冷凍庫で保管がおすすめ。

粉ではなくコーヒー豆の状態で購入し、消費前に挽くようにしましょう。

取り出す際は早めに使える量だけにして、冷凍庫内で霜が付かないように注意です。

まとめ

コーヒー豆(粉)の保管は密閉袋・容器に入れて、冷暗所での保管が基本

保存期間はお店で置いてある期間も含めるので、1週間で飲みきれる量を買うのがベスト

難しい場合は以下を目安に保管しましょう。

保存期間保存状態保存容器保存場所
短期間(~1週間)コーヒー豆・粉密閉袋・容器冷暗所
中期間(1週間~1カ月)コーヒー豆密閉袋冷暗所
長期間(1カ月~)コーヒー豆密閉袋・容器冷凍庫
目次